バナー

FXと株式投資の大きな違い

投資といえば、株式取引、FX取引、不動産投資などが代表的です。

この中で、一番小額で取引に参加できるものがFXです。
もちろん株式投資でも10万円以下で取引でいるような銘柄もあります。しかし、2倍、3倍になるのにどれだけの年月が必要でしょうか。

そのような銘柄を探すのは至難です。

All Aboutの情報を提供中です。

又、金額は大きいですが、不動産投資を選択した場合、万一、今回のように震災等のリスクが常に付きまといます。

そうでなくとも、大きなお金を長い間寝かすことになります。
東京等一部大都市では勝ち組も多く出ていますが、やはり物件選びと価格自体が大きなネックになって、お金持ちの投資というイメージです。

それに引き換え、FXは小額からレバレッジを聞かせることにより、手持ち金の数十倍の取引を行うことが出来ます。

最高のFXが評判になっています。

今更ですが、FXとは、外国為替証拠金取引の略です。

その名の通り、証拠金を証券会社に預け入れることで、25倍程度の取引を行うことが出来ます。

10万円であれば250万円ということです。

アメリカドルが1ドル110円だとすると、約20000ドルを購入することが出来るわけです。

逆に売りから入ることも出来ますので、円高、円安どちらのときでも利益を狙いに行くことができます。



なれないうちは証拠金も取引単位も少なめで練習し、慣れてきたら徐々に単位を増やしていったり、ユーロにしてみたりと、多くの国のお金にも挑戦してみることをお勧めします。
大きな値動きで証拠金が不足したら自動的に反対売買で損失を確定できるシステムがありますのでずっと見張っていなければならないわけではありません。

逆に、時間のある方は、お昼だけの株式取引と違って、夜中も動いておりますので取引したいときに取引が可能です。