バスツアーを2倍楽しむ

  • 占いの種類について考える

    • 占術といっても、その種類は幅広く、紀元前から存在している古い占術もたくさんあります。



      占いには、生年月日や姓名、手相や人相などのその人自身がもっているデータから運命を調べるものと、タロット占いや霊視のような道具や占術師の能力で相手の運命や悩みを分析するものがあります。



      前者では、生まれたときの星の動きから占う占星術や生年月日などの数字から占う数秘術、姓や名前の画数から判断する姓名判断などが有名です。


      道具を使ったものとしては、トランプやタロットと呼ばれるカードを使ったものや、水晶などを用いた占いがあります。霊視やオーラ占いのような道具や占う人のデータなどの事前情報なしに占術するものもあります。



      歴史の古いものとしては、寝ているときに見た夢の内容からこれから起こる未来を分析する夢占いがあります。



      占術をしてもらう方法としては、占術師と直接対面して占術してもらう方法と電話やメールなどの間接的な方法で占術してもらうものに大きくわかれます。



      携帯やパソコンなどのSNSが普及し始めてきた2000年代頃からネットを介した占術に人気が集まっています。



      占術師になるのに必須の資格などはないため、独学でも占術師として活躍することは可能ですが、ほとんどの人は有名な占術師に弟子入りしたり、占術を勉強できる専門学校に通う方法が主流になっています。



      占術師になるためには、占術に関する知識だけでなくお客さんとの円滑なコミュニケーションをとれるヒューマンスキルも重要です。



  • 関連リンク

    • 現在付き合っている人がいるけれど、実は昔の恋人が今でも忘れられないという方は少なくありません。やり直しが出来ないのなら諦めるしかないでしょうが、その方法さえわかれば、今の恋人と別れてもいいと思っている方もあるかも知れませんね。...

    • 女性は適齢期に入ると、早く結婚したいと思うようになりますが、長く不倫を続けていた場合は、このままでいいんだろうかと不安になってしまうでしょうね。不倫相手にそのことを言うと、離婚するから待っててほしいなどと言われたりしますから、それを信じたくなる気持ちもわからなくはありませんが、いつまでたっても同じ状態だと、いい加減うんざりしてしまうでしょうね。...